• 建築実例
  • 東山スタイル
  • 完成見学会・イベント
  • 家づくりストーリー
  • お客様の声
  • 分譲・土地情報

理想の家づくりのステップ

お客様との出会いから、お引渡し以降にいたるまで、プラン作成から資金計画、税金のご相談など家づくりに関するあらゆる知識に精通する東山住宅の専門スタッフが、お客様の理想のマイホームの実現を一貫してお手伝いいたします。

01

ヒアリング

土地・ご予算・ご入居時期に関するお客様のご要望をおうかがいします。
また、ご希望の方には、土地のご紹介ならびに当社の建築物件をご案内します。

今日、はじめて東山住宅の営業さんにお会いした。 「どんな人なんだろう」と、妻と二人で少々緊張気味。お顔を拝見すると、なんだか優しそうな印象で、ちょっとホッとした。年齢も近いせいか、とても話しやすく、今住んでいる家の不満や、将来のビジョン、趣味やこだわりのライフスタイルまでいろいろと話を聞いてもらった。今日の話をもとに、次回プランを提案してくれるらしい。どんなプランなのか、今から楽しみだ。

02

プランニング

ご家族構成・こだわり・現在の住まいのご不満等をおうかがいして、お客様が納得していただけるプランになるまで、お打合せをさせていただきます。

東山住宅さんとお会いするのも今日で3回目。今回は、設計部の方も同席してくれた。平面図をながめながらの打合せ。設計部の方が、説明してくれた主婦の家事動線に、妻が感動。住む人の使いやすさを考えて設計してくれてるんだなぁ。あたりまえのようだけど、再認識した。打合せに専門家が同席してくれるのは、なんといっても心強い!こうして図面ができあがってくると、夢がカタチとして見えはじめてくる。ところで、私の隠れ家的趣味のスペースは、確保できるのか…。次は予算だ。

03

お見積もり提出

お客様のご要望を細部まで取り入れた平面、立面図ならびにこだわりの仕様を満たした住宅の価格をご提示します。

プランもかなりかたまってきた。ここまで何度も何度も話し合い、その都度修正を重ねてきただけあって、納得の出来映え!いよいよ、お金のお話し。銀行の金融商品のメリット、デメリットを丁寧に説明してもらった。お金の話はすごく苦手な私にもよく理解できた。こちらの希望を聞いてもらい、返済のシミュレーションを何パターンか見せてもらう。無理のない返済計画を立てることがとても大切なんだって。一番気がかりだった資金計画もできあがり、家を建てるという実感がわいてきたぞ!

04

ご契約

ご提示した見積金額に対し、合意していただいたうえで、正式にご契約となります。

ついに契約を交わした!
出会いから今日まで何度も打合せを重ねてきて、東山住宅さんなら、我が家の建築を任せられる。「これから永いおつきあいになると思いますがよろしくお願いします」という思いを込めて契約書一枚一枚にサインをした。
夢の実現に向けての期待感と、一国一城の主となる責任感から印鑑を持つ手も緊張気味。ドキドキ。

05

カラー・仕様の確認

持ち込み家具や家電の確認、クロスやカラーなどの打合せを、納得いただけるまでご提案いたします。

今回の打合せから、設計士の他に新たにコーディネーターの方が加わった。偶然にもいろんな展示場を見て回っていたときに、妻が一番気に入っていた展示場を手がけた方だった。これって何かの巡り合わせかも…。水回りの設備も見せてもらったけど、今自宅でつかっているものと比べると、SF映画のセットに見えちゃう。住まいって進化してるんだ。それにしても、いつもいつも私達のために、スタッフ総出でサポートしていただいてうれしい限りです。

06

着工

地鎮祭や近隣へのご同行挨拶廻りを行い、着工いたします。

今日は地鎮祭。現地に着くと、家が建つスペースに地縄が張られていた。4ヶ月後にはここに、家が建つんだなぁ、なんて思わず妄想してしまった。地鎮祭の神主さんの手配から、お供物の用意まで、全部東山住宅さんが準備してくれた。 昨日は、ご近所一軒一軒に、私達のかわりにご挨拶に行ってくれてたそうで、いつもながら細やかな心配りに感謝です。

07

上棟

お施主様立ち会いのもと、上棟が行われます。上棟検査の報告や工事進行のお知らせやご説明をさせていただきます。

棟上げも無事完了。家の骨格ができあがり、いよいよ家らしくなってきた!このところ、仕事がえりに現場に立ち寄るのが日課になってきた。ちょっとずつだけど、家ができあがってくるのが実感できてワクワクする。 さて、明日の日曜日は、現場での立会確認の日。キッチンカウンターの高さやコンセントの位置などの確認をするらしい。実際の現場で立体的に見ると、平面図では分からなかった意外な発見があるね。

08

お引き渡し・アフターサービス

完成しましたら「引き渡し書」「保証書」を当社から発行させていただき、お引き渡しとなります。

検査も終わり、今日、引き渡しが完了した。うれしいという反面、楽しかった家づくりが終わってしまったという寂しさも…。東山住宅の営業さんから、鍵を渡された。7ヶ月の間とはいえ、3日とあけずに連絡しあっていたので、今となっては古くからの友人のよう。この明るい笑顔ともお別れかと思っていると、「定期点検にまた来ます。不都合な点があったら遠慮なさらずに連絡してください」と彼。そうか、東山住宅とのおつきあいは今はじまったばかりなんだね。今後とも、この家ともども末永くよろしくおねがいします。