• 建築実例
  • 東山スタイル
  • 完成見学会・イベント
  • 家づくりストーリー
  • お客様の声
  • 分譲・土地情報
東山スタイル  >  工法に関するこだわり

工法に関するこだわり

東山住宅では、従来からの在来軸組工法と平行して、ワンランク上の快適さを求められるお客様に向けて「プレウォール」工法をお薦めしています。

プレウォール工法

プレカット+パネル工法=『プレウォール工法』

プレウォール工法とは、柱や梁などの構造材と、壁・間仕切りパネルを専用ラインで一体生産し、壁面ユニットとして現場に持ち込む、プレカット&パネルシステムです。 在来軸組工法がもつ--環境へのやさしさ、増改築にも適した間取りや外観のフレキシビリティ、美しく心地よい木の風合いなどの--素晴らしさを受け継ぎながら、 「強度」と「断熱性」「耐久性」などを飛躍的に向上させました。住んでみて実感できる”快適な暮らし”。プレウォール工法は、冬が長く、厳しい北陸には最適の工法です。

一歩進んだ工場生産、柱とパネルの一体化

パネル化による住宅建設は、それぞれの住宅メーカーですすめられていますが、プレウォールではそれをさらに一歩進め、軸組材の柱や梁をも一体化し、壁面ユニットとして工場で組み立てるシステムとなっています。この壁面ユニットは、現場までトラックで運ばれ、クレーンを使用して設置されます。壁面ユニットを採用することで、現場でのパネルの取り付け、釘打ち工程などを省くことができるようになり、品質管理、工程管理、安全管理なども円滑に行われることとなりました。

自在な間取りに対応、増改築も容易な工法

これまでの在来軸組工法には、他の工法より優れた点として、設計に制約が少なく、ミリ単位で寸法調整でき、どんな敷地にも柔軟に対応できるという利点があります。また何世代かに受け継がれていく建物として、柱や梁の組み替え・取り替えも容易なことから、 増改築にも適しているということもポイントとなっていました。プレウォールも、軸組であるという点で、在来軸組工法と同じ特徴を持っています。しかもフラットな床を施工した後、壁パネルや間仕切りパネルを組み込む工法なので、増改築がさらに容易に行えます。 また強度が増したので、大きな開放的な空間を創ることも容易になりました。

公的機関が認めた高品質の証

これまでの在来軸組工法には、他の工法より優れた点として、設計に制約が少なく、ミリ単位で寸法調整でき、どんな敷地にも柔軟に対応できるという利点があります。また何世代かに受け継がれていく建物として、柱や梁の組み替え・取り替えも容易なことから、 増改築にも適しているということもポイントとなっていました。プレウォールも、軸組であるという点で、在来軸組工法と同じ特徴を持っています。しかもフラットな床を施工した後、壁パネルや間仕切りパネルを組み込む工法なので、増改築がさらに容易に行えます。 また強度が増したので、大きな開放的な空間を創ることも容易になりました。